中華イヤホン まとめサイト

今話題の中華イヤホンを中心に取り上げたサイトです。最新の中華イヤホンや話題になっている中華イヤホン、DAPやDACなどをまとめたり、紹介したりします。

Xiaomi「In-Ear Headphones Pro HD(通称Piston5)」

f:id:azure092:20161229002232j:plain
 高い品質と価格以上の音を奏でてくれるXiaomiのイヤホンの新作「Mi in-Ear Headphones Pro HD」が登場しました。

 「Mi in-Ear Headphones Pro」と名前が似ていますが、その名の通りProのHD版として開発されたイヤホンです。Proとドライバー構成が似ており、ダイナミックドライバーが2基とバランスド・アーマチュアドライバーを1基搭載したハイブリッドイヤホンとなってます。

 

外観

f:id:azure092:20161229002403j:plain

f:id:azure092:20161229002408j:plain

f:id:azure092:20161229002415j:plain

f:id:azure092:20161229002428j:plain

f:id:azure092:20161229002431j:plain

f:id:azure092:20161229002435j:plain

f:id:azure092:20161229002441j:plain

(ifeng,mydrivers)

スペック

タイプ: カナル式
ドライバー: ダイナミック・ドライバー2基+バランスド・アーマチュアドライバー1基
リモコンマイク:あり/リモコンは3ボタン
色:シルバー
インピーダンス: 32Ω
ケーブル長さ: 1.2m
感度: 98dB
プラグ:3.5mm金メッキ ストレート型
再生周波数帯域: 20-40000Hz

 

手にした人たちの声

◆低域の量がProよりもはるかに深くて豊かに感じた。まるで映画館か、コンサートホールにでも足を踏み入れたかのような錯覚に陥るくらいには深い音。(head-fi・2016)

◆全体的に明るめのサウンドでクリアに仕上がっている。どの音楽でも楽しく聞けるが、音圧が強いため聞き疲れることもある。(head-fi・2016)

◆各音が主張してくるような強めのドンシャリ傾向に感じる。曲によってはエージング後でもサ行の刺さりが酷いので、コンプライ系のイヤーピースで聞くことをオススメする。 2ch.sc・2016)

◆付属のイヤーピースでは耳からポロポロと落ちてしまう。耳の穴が小さい人以外は、付属のものよりも大きめのイヤーピース(ソニー ハイブリッドのLLサイズなど)を準備したほうが良い。 2ch.sc・2016

 


 手にした人たちの声を見ると、Proよりも音の出来は良いとの意見が多い印象ですが、音全体が強めに感じる人が多く、少し破綻しているとの声を見かけました。ただ全体的な仕上がりは30ドル以下とは思えないとの声は多いので、そこまでがっかりする音では無いと思いましたね。
 Proでもう少し音全体がハキハキしていればと思っていた人にはPro HDを手にする価値があるでしょう。

 記事執筆時ではGearBestにて30ドル程度で販売されています。

 

 

広告を非表示にする