中華イヤホン まとめサイト

今話題の中華イヤホンを中心に取り上げたサイトです。最新の中華イヤホンや話題になっている中華イヤホン、DAPやDACなどをまとめたり、紹介したりします。

KZ(Knowledge Zenith)「ZS5」

 低価格中華イヤホンの立役者でもあるKZ(Knowledge Zenith)からとうとうフラッグシップモデルの「ZS5」が登場しました。
 今までのKZのイヤホンとは違い、デザインもカッコよく仕上がっており、なんとドライバーも2DD+2BAのハイブリッド方式と高級イヤホンで用いられるドライバー構成となってます。このドライバー構成ながらも約30ドルと大変低価格に抑えられており、そのコスパの高さから、ネット中で話題の機種となってます。

 

外観

f:id:azure092:20170528012241j:plain

 

スペック

タイプ: カナル式
ドライバー: ダイナミックドライバー2基+バランスド・アーマチュアドライバー2基
リモコンマイク:なし/あり 2種類存在
色: ブルー、シルバー
インピーダンス: 16Ω
ケーブル長さ: 1.2m(Y型)2pinリケーブル対応
感度: 106dB
プラグ:3.5mm金メッキ ストレート型
再生周波数帯域: 20-20000Hz

 

レビューリンク一覧

 

Amazon カスタマレビュー

【レビュー】Wooeasy KZ ZS5【Campfire Audio風中華イヤホン開封レビュー】(動画)

 

 

 

手にした人たちの声(SNSや掲示板など)

◯パッケージも今までのKZとは打って変わって豪華で良い。とても30ドル台の商品には見えない。
◯全域の音がしっかりと聞こえる。低域はやや強く沈み込みが感じられ、音の量感も多い。ハイブリッドならではの高い分離で音が一音一音しっかりと聞こえてくる。ZSTで不満に感じていた中高域の粗さが感じられないのでZSTの音で不満な方はZS5を買ってまず間違いない。
◯思ったよりも普通の音だが、それが良い。バランスが良く聞きやすく、いつまでも持っていたいイヤホン。
◯付属のケーブルではZS5の音は真価を発揮しないので注意。アップグレード版のケーブルと一緒に買うことをオススメする。
◯音が良いだけにデザインがCampfire Audioのものと酷似している点は残念に感じる。

 

 手にした人たちの声を見ると、まだしっかりとしたレビューはない状況ですが、低域よりのバランスの取れた音で破綻がない素晴らしいイヤホンだと絶賛される方が多かったです。ハイブリッド特有の分離の高さも感じられ、特に大きな欠点も感じず、30ドル(約4000円)で買えるイヤホンの中では候補として入れても良いかも。ただし音に特徴といえるものが少ないので、派手めな音が欲しい方には合わないかもしれません。

 デザインの方も一見良いデザインに見えますが、Campfire Audioの高級イヤホンと酷似しており、そのせいで愛着が薄れるとの声もありました。個人的にもここはオリジナルのデザインで勝負してほしかった所。

 

購入について

 まず輸入に慣れていない人はAmazonでの注文をオススメします。多少割高ですが、輸入をすることに抵抗感がある方、クレジットカードを使いたくない人はこちらから入手すると良いでしょう。

 輸入する方はAliexpressからの購入をオススメします。こちらは手に入れるまで時間(2週間~1ヶ月)がかかりますが、送料は無料です。

 

AmazonWTSUN Audio」 4,688円→今現在5%引き 4,453円(送料無料) 

 

 アップグレードケーブル

 

Aliexpress 最安値・最良セラー「Wooeasy Earphones Store

32ドル(送料無料+発送Aliexpress最速)

f:id:azure092:20170528021045p:plain

Original KZ ZS5 2DD+2BA Hybrid In Ear Earphone HIFI DJ Monito Running Sport Earphones Earplug Headset Earbud Two Colors

広告を非表示にする