読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中華イヤホン まとめサイト

今話題の中華イヤホンを中心に取り上げたサイトです。最新の中華イヤホンや話題になっている中華イヤホン、DAPやDACなどをまとめたり、紹介したりします。

中華イヤホン 一覧表(2015/08/04更新)

今現在販売されている中華系のイヤホンをメーカー別にまとめました。お探しの機種はこちらから探してみてください(ctrl+Fでページ内検索が出来ます)。まだ記事がない機種は更新をお待ち下さい。

KZ(Knowledge Zenith)「ZS5」

低価格中華イヤホンの立役者でもあるKZ(Knowledge Zenith)からとうとうフラッグシップモデルの「ZS5」が登場しました。 今までのKZのイヤホンとは違い、デザインもカッコよく仕上がっており、なんとドライバーも2DD+2BAのハイブリッド方式と高級イヤホンで…

MaGaosi「K3」

ハイブリッドドライバーの素晴らしい音色を奏でてくれるMaGaosiのフラッグシップモデル「K3」が登場しました。 今までMagaosiの製品は全てハイブリッドドライバーを採用しており、M1やBK35、BK50と販売してきました。その全てがネットでは評判となっており、…

Xiaomi「In-Ear Headphones Pro HD(通称Piston5)」

高い品質と価格以上の音を奏でてくれるXiaomiのイヤホンの新作「Mi in-Ear Headphones Pro HD」が登場しました。 「Mi in-Ear Headphones Pro」と名前が似ていますが、その名の通りProのHD版として開発されたイヤホンです。Proとドライバー構成が似ており、…

LZ (老忠)「LZ-A4」

今回はLZ (老忠)の「LZ-A4」を紹介します。LZはハイブリッド構成のイヤホンを主軸としたものを販売しており、「LZ-A2」や「LZ-A3」などのイヤホンでは価格からは考えられないくらい音が良いと評判がたちました。そんなLZの新作、「LZ-A4」が今回発売され、他…

SendiyAudio「M2」

今回はSendiyAudioの「M2」を紹介します。SendiyAudioはメーカーとしては小さい会社で、今現在この「M2」と「M1221」の2種類ほどのイヤホンが販売されてます。今回の「M2」は日本円で5000円程のイヤホンとなりますが、木のハウジングを採用しており、ノズル…

Macaw「RT-10」

今回はMacawの「RT-10」を紹介します。Macawはデザインに特徴があり、パッケージから付属品、イヤホン本体までしっかりと作られているメーカーです。日本ではあまり知られていないメーカーですが、これから販売予定であるトリプルダイナミックドライバー搭載…

KZ(Knowledge Zenith)「KZ ZS3」

KZ

今回はKZ(Knowledge Zenith)の「KZ ZS3」を紹介します。ZS1やZS2では特徴的なデザインとデュアルダイナミックドライバーを採用しており注目されましたが、今回のZS3ではシングルダイナミックドライバーとなったものの、デザインも装着感が良いものに一新し…

KZ(Knowledge Zenith)「KZ ATE」

KZ

今回はKZ(Knowledge Zenith)の「KZ ATE」を紹介します。販売されてから早一年が過ぎましたが、未だに根強い人気を誇る中華イヤホンだと思います。KZというと「ED9」も有名ですが、こちらも中華イヤホンを知っている人で知らない人は殆どいないのではないで…

DICCUE「DUA100」

DICCUEは中国のOEM製品を中心としたオーディオメーカー。ダイナミックドライバーを2つも搭載し、バランスの取れたサウンドで注目されています。この商品もOEMでAliexpressでは「Senfer VT66」「VTing Y1-S」などの名前で売られていますね。現在海外では17ド…

MaGaosi「HLSX 808(MGS-M1)」

今回紹介するイヤホン「HLSX 808(MGS-M1)」はMaGaosiのハイブリッド型イヤホンとなっており、低価格ながら音が非常にとても良く、コストパフォーマンスが高い機種としてhead-fiでも注目されています。人によってはAKGのフラッグシップ機であるK3003と比較…

Pai audio「PAI-FLAT(MR1)」

Pai audioは、BAドライバーを3基搭載しながらも1万円台という破格の値段で販売された「MR3」で話題となったメーカーです。ここ最近、日本にも代理店を立ち上げて輸入せずとも手に入る様になりました。今回紹介するイヤホン「3.14 FLAT」はPai audio初のイン…

SIMGOT「EN700」

SIMGOTは中華イヤホンを賑わせた「KC06」を販売しているOSTRYの派生ブランドとなります。こちらのEN700はSIMGOT社第一弾のイヤホンとなっており、KC06と同様ナチュラルなサウンドに仕上がっていて、注目されている機種の一つとなっています。今現在、海外な…

LZ (老忠)「LZ-A3」

LZ(老忠)は前機種LZ-A2でその実力を見せつけた中価格帯の中華イヤホンの中で一番の賑わいを見せたメーカーとなってます。こちらのLZ-A3はA2とは全く異なった独特なデザインであり、A2よりも遥かにコストパフォーマンスが高い機種として注目されています。…

1more「Piston Classic」

中華イヤホンの中で一番の賑わいを見せたPiston2の復刻版イヤホン。こちらのPiston ClassicはPiston2と全く同じ形をしており、Piston2と同様にコストパフォーマンスが高のではと注目されています。今現在、海外なら19ドル程度、日本なら2900円程度で販売中。

中華イヤホンの名機 OSTRY「KC06」がAmazonにて6170円で販売中でした→6/2現在6325円で販売中

6/2更新 今日販売ページを確認したら再び安くなっていることを確認しました。前回よりも数百円高くなっていますが、ネット上では最安値となります。またいつ高くなるか分からないので、気になっていた方は注文されてみてはどうでしょか(*´∀`*) 本日、通常価…

低価格なのにハイレゾ対応「SEIUN Player」 Amazonにて4200円で販売中

クラウドファンディングでその存在を魅せつけた「SEIUN Player」。5000円を切る価格でハイレゾ音源に対応している今注目のDAPですが、今現在Amazonで売られているようです。

ついにPiston2の復刻版「Piston Classic」が発売

ついにこの時がやってきました。5月20日、eイヤホンにて1more社のカナル型イヤフォン「Piston Classic」を発表しましたね♪

ROCK「zircon」

少し前に、2chの中華イヤホンスレで話題となったROCK社製のイヤホン。こちらのzirconは同社で販売しているイヤホンの中でも一番音が良いと評判で、迫力のある力強いダイナミックなサウンドが注目されています。今現在、安いところでは12ドル程度で販売中。

SENFER「Senfer UEs」

評判の高いSENFER UEの新しいバージョンとして制作された新作のイヤホン。UEと違いダイナミック型とバランスド・アーマチュア型のドライバーを採用したハイブリットイヤホンとなっており、UEで不満に感じていた部分が改善されたものとなっている。今現在安い…

BOSSHIFI「B3」

一部SNSや2chの中華イヤホンスレで話題となっているBOSSHIFI社製のハイブリッドイヤホン。こちらのB3は分離が良く、温かみのあるカマボコサウンドが注目されています。ある人は5000円以下の中華イヤホンで5本の指に入るくらい素晴らしいとのこと。今現在、安…

DZAT「DR-20」

デザインと音のコストパフォーマンスが非常に高い話題の中華メーカー「DZAT」。こちらのDR-20は高級感溢れるハウジングと音のバランスが良く解像度の高さが注目されています。今現在、安いところでは約17ドルで販売中。

DZAT「DF-10」

引用元:あずれのヘッドホンブログ VJJBと同じくデザインとコストパフォーマンスが非常に高い音で話題の中華メーカー「DZAT」。こちらのDF-10はクラウドファンディングによって作られた製品で低価格なのにも関わらず、パッケージデザインと付属品がとても充…

VJJB「V1(V1S)」

引用元:あずれのヘッドホンブログ 安定した音作りとデザインで話題の中華メーカー「VJJB」。こちらは低価格帯の価格なのにも関わらず、デュアルドライバーを使用しており、完成度の高いデザインとカッチリとした音色で話題になってます。今現在V1は約17ドル…

Knowledge Zenith(KZ)「KZ ED9」

KZ

引用元:あずれのヘッドホンブログ 「KZ ED2」のコストパフォーマンスの高さが一部の間で注目されているKZの中華イヤホン。こちらは低価格なのにも関わらず、ノズル交換による音質変化が楽しめる。今現在約12ドルで販売中。

SENFER「Senfer UE」

某有名な偽物イヤホンを制作していた会社で、一部有名なSENFERの新作イヤホン。こちらも偽物ではないが、名前にUEと付いている辺りUltimate Earsを意識して作られたものだそう。今現在リケーブル付きのものが約25ドル、ケーブル無しのものが約17ドルで販売中…

Venture Electronics「VE MONK」

中華イヤホンで今話題のインナーイヤー型イヤホン。その見た目からは100均や安物イヤホンにしか見えないですが、そのポテンシャルは見た目からは想像できない素晴らしい音を奏でます。今現在、5ドルで販売中。 今現在はVE MONK+という名称で販売中。VE MONK…

Auglamour「R8(AG-R8)」 

引用元:あずれのヘッドホンブログ AG-R1が話題となったAuglamour期待のイヤホン新作。R1とは打って変わり、2ピンのリケーブル対応、本体に金属を使用し、高級感溢れる仕上がりとなっています。今現在、31ドル程度で販売中。

Xiaomi「hybrid earphone」

Piston2でその実力を世界にしらしめたXiaomi期待のイヤホン新作。今まで発売したイヤホンと違い、ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型のハイブリッドモデルとなっています。今現在、20ドル程度で販売中。